横須賀市民に「横須賀の花見の名所は?」と聞けば、誰もが「衣笠山」と答えるほど、横須賀ばかりでなく、神奈川県内でも屈指の桜の名所です。約2000本もの桜樹は、樹齢100年を超える樹も多く、全国の「さくらの名所100選」にも選ばれています。

「衣笠山公園」に行くには

JR横須賀線「衣笠」から行くには

「衣笠公園」はJR横須賀線{衣笠」駅が最寄りの駅となります。
東京、品川方面からは「久里浜」行に乗車すれば、乗り換えなしで行くことが出来ます。
新宿、池袋方面からは「湘南新宿ライン」で「大船」乗り換えが早いでしょう。「衣笠」駅から「衣笠山」までは徒歩約20分です。

「衣笠」駅を下車し、右折すると通りから1本奥まったところに、少し古めかしくて懐かしい「アーケード」があります。この「アーケード」内の店を眺めながら行くのも楽しいですよ。

バスで行くには

JR「横須賀」又は京浜急行「横須賀中央」から次のいずれかのバスに乗車して「衣笠山公園」で下車します。

  • 須8 -----「三崎口」
  • 須5 -----「長井」
  • 須3,須53---「横須賀市民病院」
  • 須4,須54---「湘南佐島なぎさの丘」
  • 須11-----「YRPセンター」

※便数の多い順に表示しています。

車で行くには

「横浜横須賀道路}衣笠インターで降り、「衣笠」方面へ。トンネルを抜け「井戸店」信号を100mほど進み、左側の細い道に入ります。
但し、「衣笠山公園」までの道は細く、そして桜の季節には通行禁止となるため、近隣のコインパーキングに置いて徒歩となります。
公園近くに、コインパーキングは無いので、衣笠駅近くのコインパーキングを探して下さいね。

衣笠駅からの徒歩ルート地図

ルート途中の「老人ホームレストブィラ衣笠山公園」までは、平坦な道ですが、ここからは急な上り坂になります。足の不自由な方には難しいかもしれません。車椅子などは絶対に無理です。

「衣笠山公園」

衣笠駅から15分ほど歩き、住宅街を過ぎたあたりから桜が見え始めます。このあたりから公園までの坂道も桜並木となり、ゆっくりと桜を見ながら歩きながら歩くと公園入り口です。公園の面積は、7.4ヘクタール、桜樹は二千本を数えます。この公園は、谷一つ隔てた「衣笠城址」を経て、三浦半島の最高峰大楠山(242メートル)に至るハイキングコースの東側玄関口になっています。

衣笠山神社

公園の入り口に「衣笠山神社」があります。祭神は「天照大神(アマテラスオオミカミ)」の別名である「大日孁貴命(オオヒルメムチノミコト)」だそうです。
古典に疎い管理人には「???」ですが、この地域の鎮守神だそうなので入山の前に参拝していきましょう。

衣笠山説明板

1977年、横須賀市制70周年記念事業として「横須賀風物百選」を選出した際に作られた説明板です。

ピクニック広場

「衣笠山公園」の頂上付近(と言っても標高134mの小さな山)には広場となっており、お弁当を広げてピクニックが楽しめます。

展望台からの景観

広場の奥には、展望台があり、東京湾そして富士山を見渡せ、晴れた日には房総半島までが見渡せます。

衣笠山公園の基本情報

 住所  〒238-0026 横須賀市小矢部4-922  
 入園料  無料  
 開園時間  特に無し(何時でも入園可)  
 駐車場  15台(小型車のみ)。料金は無料  桜の季節には車での入園はできません。
 公式サイト  http://taura.y-parks.jp/kinugasayama/  開花情報、イベントなど。
 電話  046-853-8523(衣笠山公園管理事務所)  作業中は繋がらない場合もあります。
 お問い合わせ  046-822-9561(横須賀市環境政策部公園管理課)