東京湾に面した走水水源地は横須賀の水道発祥の地であり、横須賀市内唯一の水源です。その敷地内に植えられた約120本の桜は、花見シーズンになると「桜のトンネル」と呼べるくらい見事に花を咲かせ、東京湾に面しているため海の 『青』 と桜の 『ピンク』 とのコントラストは一見の価値があります。

「走水水源地」への行き方

東京湾を背景に咲く、約120本の桜は、横須賀市民はもちろん、観光客にも人気の「お花見スポット」です。
横須賀米軍基地に勤務する米兵家族も好んで散歩しています。

電車で行く場合

最寄りの駅は、京急「馬堀海岸」駅です。品川方面からは「浦賀行」に乗車すれば乗換無しで行けますが、「浦賀行」は殆どが各駅停車なので、快速、特急に乗車して「横須賀中央」又は「堀之内」で乗り換えるのが一般的です。
『堀之内」駅からバスを利用する場合「観音崎行」に乗車約5分。「伊勢町」バス停で下車します。
徒歩の場合は、駅裏の住宅街を海岸の方に進み国道16号にでます。ヤシの木が立ち並ぶ海岸通り(国道16号)に出ます、南国風の国道16号を右に、道なりに進むと「走水水源地の桜」が見えてきます。約20分です。潮風が心地良いので徒歩がお勧めです。

車で行く場合

車の場合、横浜横須賀道路の終点「馬堀海岸」で降ります。降りた突き当りが国道16号なので、右折して約2分で到着します。
駐車場(有料)はありますが台数(111台)に限りがあるので、なるべく公共交通機関を利用するのがお勧めです。

馬堀海岸駅からの徒歩ルート

写真で説明「走水水源地の桜」

まるで日南海岸のような「馬堀海岸通り」

馬堀海岸駅から、通称「馬堀海岸通り(国道16号)」にでると、まるで宮崎県の日南海岸のような南国ムードとなります。

潮風が気持ちい~い!。

走水水源地

東京湾に面した走水水源地は、横須賀の水道発祥の地であり、横須賀市内唯一の水源です。

海の『青』と桜の『ピンク』

走水水源地の敷地内に植えられた約120本の桜は、東京湾に面しているため、海の「青』と桜の「ピンク」とのコントラストは一見の価値がありです。

行き交う船をみながら、ゆっくり花見

敷地内は芝生も敷き詰められており、シートを敷いて、東京湾を行き交う船をみながら、お弁当を広げて、ゆったりとお花見ができます。

潮干狩りと磯遊びが楽しめる「走水海岸」

「走水の桜」から、海岸沿いに右にいくと、潮干狩りや磯遊びができる、海岸にでます。

走水海岸の潮干狩り

走水海岸は、三浦半島では、数少ない潮干狩りが出来る海岸です。潮干狩りのシーズンは4月~6月にかけてですので、桜の開花時期が4月にかかれば、お花見の帰りに潮干狩りも楽しめるかもしれませんね。
料金は大人(中学生以上)/2kg 1,200円、小人(小学生)/1kg 600円 幼児は無料です。
超過料金/1kgにつき600円 レンタル熊手/1日100円 でカゴ・ビニール袋は受付にて無料で用意されているので、手ぶらで行っても大丈夫です。
遠浅で波も穏やかなため、大人も子供も安心して楽しめます。

走水桜基本情報

 住所  横須賀市走水1-2-1  
 駐車場  台数:111台
時間:入庫 5:00~20:00、出庫 5:00~21:00
料金:30分につき 200円ずつ加算
※自転車置き場有(無料)
 
 お問い合わせ  046-822-8607(横須賀上下水道局総務課)  
 公式サイト  http://www.water.yokosuka.kanagawa.jp/sisetu/vernywater.html  横須賀上下水道局
 潮干狩り    
 お問い合わせ  090-2911-5419/横須賀市東部漁協走水大津支所潮干狩り場  (3~7月)
 駐車場  110台(200円/30分 )  お花見で「走水水源地」の駐車場を利用した場合はそのままにして、歩いて行った方が良いでしょう。